GI値とはなに?

GI値とはなに?

前回の記事でも少しご紹介した血糖値について今回は復習もかねてご紹介いたします。

GI値とは?
まず最近よく耳するGI値ですが、GIとはGlycemic Index(血糖値指数)の略で、炭水化物を食べた後の血糖値の上がる速さを示した指数のことで、この値が少ないほど、血糖値が緩やかに上がると言われています。

私たちの体は、食べ物を食べて血糖値が上がると、すい臓からインスリンを分泌し血糖値を下げます。このインスリンは脂肪を作ってしまう働きがあります。

高GIの食品を食べると、血糖値は急激に上昇するので、からだはそれを下げようとしてインスリンを大量に分泌します。逆に低GI食品は、血糖値を緩やかに上げるので、インスリンがたくさん分泌されず、結果的に脂肪を溜め込みにくくなるのです。

低GI食品を食すことによって実感できる変化
・空腹になりにくい
食物繊維が含まれることによって消化が普通の炭水化物よりも長くなります。
・便秘解消される
食物繊維が便を排出してくれるようになります。
・よく噛むようになり食事時間が長くなる
食物繊維が多いために、よく噛まないと飲み込めません。
・食後に眠くなるリスクを軽減できる
食事によって血糖値が上がるとインスリンが分泌されるからさらに眠くなります。しかし、低GI食品を食べることにより、インスリンが低くなり、普通の炭水化物を食べるよりもインスリンが出にくくなります。
ちなみにインスリンは、別名『休息ホルモン』と呼ばれています。

身近にある低GI食品
・グレープフルーツ
・りんご
・玄米

ダイエットには敵な高GI食品
・洋菓子全般
・白米
・食パン

いかがでしたか?
ダイエット中の食事でカロリーはよく出てきますが、意外と知らないGI値。かしこく効率的に楽しくダイエットができるといいですね!