食べものから代謝UP!

食べものから代謝UP!

基礎代謝とは、一日の生活で自然に消費するエネルギーのこと。基礎代謝が高いと、食べた物のエネルギーを燃やせる率が高く、体にためこむ量が自然と減ります。ということは、普通にしていても太りにくいということ!

代謝が上げると、自然な日々の動きの中で大半のカロリーを消費してくれるようになります。さらに、新陳代謝も上がるので美肌効果も。そして免疫力があがり、病気にも強くなります。なんて素晴らしい!

代謝を上げるには、体内のエネルギー回転率がとても重要です。それをお助けしてくれる優秀食材があるんです。一挙ご紹介!まずは身近な食事から取り入れていきましょう。

①しょうが
発汗作用
しょうがには、体温を上げて発汗作用を強めてくれる働きがあります。さらには、新陳代謝を高め、胃液の分泌を高めて消化吸収のお助けも。胃もたれしやすい人にもオススメですね。油を使ってお料理しましょう。
②にんにく
すみずみまで血行促進
にんにくは血行を良くし、末端の血管まで広げてくれるので全身がポカポカします。冷え性の人は積極的に摂りたいですね。新陳代謝も良くしてくれるので、肌がくすみやすい人にも。
③唐辛子
体温上昇効果
おなじみ、唐辛子の辛味成分カプサイシン。これがいい働きをしてくれます。体温を上げ、食べたそばから発汗が。一味唐辛子や七味唐辛子で摂取しても同じです。ただし刺激も強いので胃の調子がよくない時は控えめに。
④ねぎ
血行促進
ねぎのアリシンという成分が、血行を良くし、体全体を暖めてくれます。特に青い部分に多く含まれているので、捨てずに使いましょう。ビタミンB1のものと一緒に摂ると効果up♡
ねぎは風邪の予防にも大いに役立ちます。季節の変わり目は特に意識して食べましょう。
⑤ごま
消化促進、脂肪分解
なんと!ごまは脂肪を分解し、消化するのを助けてくれるという働きが。小さな粒でも大きなパワーですね。出来ればすりゴマにして使うと、より成分を効果的に働かせることが出来ます。
⑥たんぱく質
体組織を作ってくれる
肉類魚類、卵乳製品、豆類。この三つが大きなたんぱく質グループです。体の要素となって、良質な血液や筋肉などを作る働きをしてくれるので、代謝がup。ダイエットをしても筋肉は落としてはダメなのです。
あの叶姉妹も、筋力を落とさず代謝をキープするために毎日欠かさず赤みのお肉を食べているそう。ガーリックで血行促進。
⑦緑茶
脂肪燃焼
こんなところにも!緑茶に含まれるカテキンが、基礎代謝量を上げてくれるのです。さらには体脂肪を燃えやすくすると!明日から食後の一杯は緑茶で。
緑茶には美容に欠かせないビタミンA/C/Eが全て含まれているのです。毎日飲んでおきたいですね。
自分の体と長く付き合っていくなら、自分の体質を変えちゃうのが一番!これで夏までにメリハリ絞ったbodyになっちゃいましょう。体作りはインナーケアから。身近な食材を取り入れていけるのが嬉しいですね!