顔の冷え性で顔が大きくなる?!

顔の冷え性で顔が大きくなる?!

女性が憧れるのは小顔ですが、実は“冷え”が大敵だとご存じですか?顔の冷え性を放置すると、デカ顔になってしまうそうです。そこで、「顔の冷え性」対策を学んでいきましょう。
小顔には“冷え”が大敵?!
顔にも冷え性がある
寒い季節になり、手足の冷え性に悩む方も多いのではないでしょうか。実は顔も冷え性になることをご存じですか?顔の冷え性は顔が大きくなってしうそうですし、肌が乾燥したりと、女性にとっては大敵です。

そこで、顔の冷え性がどんなことをもたらしてしまうのか、どう対策すれば良いのかを詳しく解説します。
「顔の冷え性」を放置するとどうなる?
デカ顔になる!?
顔が冷えると血行やリンパの流れが悪くなり、老廃物が流れにくくなるのでむくみやすくなります。また、体が冷えると、脂肪をたくわえて温めようと働きかけるのです。

よって、顔が冷え性だと、むくみと脂肪で顔が大きくなってしまう可能性があると言えます。

「お疲れ顔」になる
血行が悪いと顔がワントーン暗くなるので、疲れているように見えてしまいます。また、寝不足でもないのに、顔が青白くて目の下にクマが取れないなんてことにも。顔の冷え性はお疲れ顔にもなってしまうのです。
「顔の冷え性」かセルフチェック!
手より顔の方が冷たい
外気が当たらない場所で、顔に手で触れてみてください。「冷たい」と感じるのなら、手よりも顔の温度が低いので「顔の冷え性」と言えます。

「顔の冷え性」を防ぐ対策方法
①全身を温める
顔の冷え性では全身を温めることも大切です。体を洗うときは湯船に浸かるようにしましょう。全身の血流が温まって体中を巡るので、手足だけでなく顔の冷え性の改善にもつながります。

②外出時にはマスク着用+顔周辺も防寒
冬の乾燥した冷たい外気というのも、顔の冷え性の大敵です。冷気から顔を守るために、しっかり顔を覆えるマスクをつけましょう。マスクは保湿もできるので、乾燥対策にもなります。

また、顔の周辺も冷やさないようにすると◎。タートルネックを着たり、マフラーやスヌードでしっかり防寒しましょう。

③洗顔ではぬるま湯+蒸しタオル
冷たい水で洗うと顔の温度が下がってしまうので、ぬるま湯で洗顔しましょう。顔を拭くときは、温めた蒸しタオルならより顔が冷えませんし、肌にも優しいです。

④丁寧に優しく洗う
洗顔を怠っていると、皮膚のターンオーバー機能が正常に働かず、顔の冷え性にもつながってしまうそうなので、洗顔はきちんと行うこと。強くゴシゴシ洗うと肌を傷つけてしまうので、洗顔料を泡立てて優しく洗いましょう。

⑤スキンケアでは手を温める
スキンケアをするときは手の冷え性さんも気をつけて。冷たい手で顔に触れると、顔も冷えてしまいます。一度ぬるま湯などで手を温めてから、スキンケアしましょう。

また、化粧水や乳液などは、手の平で温めてから使うと顔が冷やっとしませんよ。

⑥顔をゆびでタッピング
スキンケアをしたついでに、指の腹で顔を優しく叩くタッピングをするのもおすすめ。血行が良くなります。ただし、顔が赤くなったり皮膚が荒れたりする場合はやめてください。

⑦表情筋を鍛える「あっかんべー」
顔の筋肉が衰えることで、血行が悪くなる可能性があります。日頃から、表情筋を鍛えておきましょう。「あっかんべー」をする、簡単な顔の筋トレがあります。

まず、目線は思いっきり上に向けて、舌を思いきり下に出して「あっかんべー」。「べー」と声を出してOKです。1日1回3セットおこないましょう。

⑧マッサージで老廃物を流す
顔を触ってみたときに、ごりごりと硬さを感じませんか?それは老廃物が溜まっているのかもしれません。そのように感じたら、マッサージをして顔をほぐし、老廃物を流しましょう。

まずはお風呂に入るなど体を温めて、ほぐしやすい状態に。次に、首や肩をほぐして老廃物を流しやすくします。

そして、マッサージミルクやオイルなどを使って、優しくこりをほぐして老廃物を流しましょう。老廃物は、耳の下から首筋を通り鎖骨に流すようにすると、スムーズに排出されてすっきりとします。

⑨首・肩のストレッチで顔周りをほぐす
ずっと同じ姿勢になっていると、肩や首が凝り固まってしまいます。顔周りの筋肉が固まってしまうと血流が悪くなるので、顔の冷えにつながります。

そこで、1時間に1回は首を回したり、肩を動かすなど、顔周りの筋肉をほぐしましょう。

⑩体を温めてくれる食事
1日3食、栄養バランスの良い食事をすることも大切です。さらに、バランスの良さだけでなく、体を温めてくれる食品も積極的に食べましょう。

ビタミンE(青魚、モロヘイヤ、かぼちゃ、ナッツ類)…血行を促進。
鉄分(レバー、あさり、しじみ)…貧血予防。
ビタミンC(赤・黄パプリカ、アセロラ)…ストレスへの抵抗力を強める、鉄分の吸収率UP。
その他…根菜(生姜、にんじん、ごぼう)、唐辛子、りんご…体を温める。
顔の冷え対策もお忘れなく!
冬はどうしても体が冷えてしまいます。特に、顔の冷えが気になる方はきちんと対策をして、小顔で若々しくはつらつとした表情を取り戻しましょう。