腸は第2の脳

腸は第2の脳

今、科学者たちによって腸は第2の脳とまでみなされています。試験勉強や昇進に必ずしも役立つわけではありませんが、腸は気分や感情、免疫系、さらには長期的な健康に関する化学的作用に影響を与えるそうです。こうした事実は、腸と脳の関連性を研究する神経消化器学という新しい分野からもたらされた知見です。ここで賢い腸に関する10の豆知識を紹介します。
1)脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器
腸は、脳からの信号を待つことなく消化という重要な機能を果たすことができます。これは力強い心臓でさえできないことです。

2)1億個もの脳細胞が存在する
腸が自分で判断できるのも驚くことではありません。食道から肛門まで続く9mの腸には、無数の脳細胞が存在していてこのニューロンの数は脊髄や末梢神経系よりも多いのです。

3)脳は独自の神経系を持つ
腸の神経系は、消化や排泄を司る絶対者として君臨しており、それ自体であらゆる機能を遂行しています。科学者の中には、ここを中枢神経系の一部とみなす者や、その本体であるとみなす者もいます。”実行”刺激がくると、脳からの司令なく腸にキューを出すよう進化したようにも見えるそうです。

4)腸が脳に感情のサインを送る
腸には迷走神経という、大きくて、厄介な神経が埋め込まれていて、またその繊維の最大90パーセントまでが腸から脳へと情報を運んでいることが明らかとなっています。言い換えると、脳は腸からの信号を感情として解釈しているということにるようです。

5)胃腸障害は脳の“精神疾患”とも言えるかもしれません
抗鬱剤として身体の調子を整える素晴らしい気分物質セロトニンですが、およそ95パーセントが腸の中で見ることができます。ということは、食事や薬、抗生物質が人の気分をめちゃくちゃにしてもちっとも不思議ではありません。

6)健康な腸は骨を守る
セロトニンと腸の関係を調べた研究から、腸と骨との意外な関係までが浮き彫りにされました。マウスを使った実験で、腸からのセロトニン放出を抑制すると、骨粗しょう症の骨密度低下が抑えられたそうです。この発見は、骨粗しょう症の新薬研究につながりました。

7)自閉症と腸内細菌株の関係
十中八九と言ってもいいほど、自閉症の患者には、腸管壁浸漏症候群、過敏性腸症候群、有益な細菌株の不足といった、腸のバランス不全が見られるそうです。マウスを使った実験の結果からは、腸内の細菌叢のバランスを取り戻すことは、自閉症の一部の行動障害に対する治療につながるようです。ただし、これによって自閉症が”寛解”するわけではありません。

8)何を食べたかで腸が気分に影響を与える
様々な食事をチューブを通して腸に与えた実験からは、被験者が何を”食べている”のか分かっていなくても、気分に影響を与えることが確認されました。例えば、脂肪は、脳の天然の麻薬であるドーパミン放出の引き金となるようで、幸福感や喜びを増加させます。一方で、炭水化物は、幸せ神経伝達物質セロトニンの放出を刺激します。

9)腸に宿る免疫細胞が病気から守ってくれる
腸には脳細胞があるだけでなく、70パーセントという大量の免疫細胞も宿しています。これは腸関連リンパ組織といい、外部からの侵入者を撃退するうえで大きな役割を果たします。

腸関連リンパ組織と腸内細菌叢(腸内には数兆もの細菌が生きており、まるで微生物の宇宙かのようだ)は、病気に打ち勝つために懸命になって働いてくれます。だからこそ、悪い細菌と一緒に有益な細菌まで殺してしまう抗生物質の使用には細心の注意が必要なのです。

10)脳と同じく麻薬中毒になる
腸内には、脳のものと同じ麻薬受容体がある。したがって、脳と同じく簡単に麻薬依存症になってしまううえ、その悪癖を絶つときにも大きな困難が伴います。

いかがでしょうか?
腸にいいものを食べてみませんか?