胃下垂のデメリット

胃下垂のデメリット

食べることは好き。でも、痩せたいという強い思いも拮抗して、ふと「胃下垂になりたい」なんて考えてしまう女子って多いもの。けれど、「胃下垂」とは、胃の働きが鈍化してしまい、消化や吸収がうまくいかない症状のこと。私たちが目指す、燃やすチカラが高いため、食べても太りにくい「痩せ体質」とは根本的に異なるものです。胃下垂のデメリットや治し方、セルフチェックの方法を学び、健康な痩せ体質とは何かを今一度確認してみましょう。

◎そもそも胃下垂とは…
正常な胃は、腹部の中でも上の方、みぞおちのあたりにあります。では、「胃下垂」の場合、胃はどこにあるのでしょう。通常胃の上部はみぞおち付近にあるのに、下部は骨盤付近にまで垂れ下がっているのが、いわゆる「胃下垂」です。下腹部と言えば、腸や子宮などの重要な器官がある場所ですよね?胃が下垂してしまうことで、腸は圧迫され、働きが鈍って消化活動に支障をきたしてしまいます。結果、女性に多い便秘悩みに繋がることに。生理痛の悪化や不妊のリスクが高まることも、女性にとっては辛い悪影響と言えるでしょう。また、内臓が落ちてくることで、骨盤や股関節にかかる負荷も増えるため、下半身太りや冷え症、脚の歪みなどをも引き起こします。胃の位置が下がるって、実はとても怖いことだったんですね。

◎胃下垂の原因
次に、なぜ胃が下垂してしまうのか、その原因を学んでみましょう。生まれつき(先天的)に胃下垂という人も多いのですが、日頃の習慣やストレスの積み重ねで胃下垂になることも。また、先天的に胃下垂の場合でも、習慣や姿勢が原因で悪化し、骨盤付近まで落ち込んでしまうことがあります。これからお伝えする原因を排除することで、重症化を防ぎましょう。

*胃下垂の主な原因
・腹部の筋肉量・脂肪量が少なく、胃を支えられない
・姿勢が悪い。特に「猫背」の場合は、日常生活で腹部の筋肉が使われず、胸部も下がってしまうため、胃を正位置にキープできなくなります。
・ストレスを抱えている。ドカ食いする傾向がある。このような場合、胃の働きが低下してしまうため、食べたものを消化することができず、胃が下がっていってしまいます。

筋肉量が少ないということは基礎代謝が低いということ。また、姿勢の悪化は見た目だけでなく、血行不良や自律神経の乱れをも引き起こします。内臓の働きが悪いために太りにくい、というのは、代謝が活発だから太りにくい「痩せ体質」とは異なり、体質を虚弱なものへ導いてしまいます。健康ヤセを目指すダイエッター女子であれば、後者の代謝の高い痩せ体質を目標にしましょう。

◎胃の位置セルフチェック
自分の胃が正しい位置にあるかどうか、チェックしてみたことはありますか?食後、目に見えて下腹部がポッコリ出てしまうという方は、既にご自身が胃下垂という自覚があるかもしれませんね。このほか、食後に仰向けに寝転がる方法も、簡単な胃下垂チェック法として有名です。寝ころんで、手のひらでお腹に触れてみましょう。胸のすぐ下のみぞおちが膨らんでいる人は青信号、おへそ付近がポコっと出ている方は黄色信号、おへそより下が膨らむ方は赤信号です。黄色信号や赤信号の方で、食後に胃もたれや吐き気、膨満感を感じるという方は、これ以上悪化させないように気をつけて。げっぷが出やすい人も、胃下垂である可能性大です。
胃下垂になりたいなんて言ってはいけませんね!健康的な体を戻して、健康的に痩せましょう。