肌荒れの原因はカップラーメン??

肌荒れの原因はカップラーメン??

ひとり暮らしだったり、仕事で忙しかったりすると、ついついおろそかにしてしまうのが食事ではないでしょうか。人間の体は食べたものから作られていますから、食品添加物などがはいったレトルト食品を多く食べていては、健康にもお肌にもよくありません。

「良くない食べ物だ」ということはよく耳にしても、どのように体に悪いのかまで知らない、という方も多いことでしょう。そこで、カップラーメンとは健康や美容面にどのような影響を与えるのか見てみましょう。
◆栄養が偏る? カップラーメンの栄養素

「カップラーメンばかりを食べていると栄養が偏る」ということはよく聞きますが、実際にはどのような栄養素が入っており、どのような栄養素が不足してしまうのでしょうか。カップラーメンに含まれる栄養素は、もちろん製品ごとに違いますが、おおよそ入っているのは以下の通りです。

・食塩
・ビタミンB1.B2,E
・カルシウム
・脂質
・炭水化物
・タンパク質
・ナトリウム

これだけで成り立っているというわけではありませんが、主な成分は上記のようなものです。「思ったよりもいろいろな栄養素が入っているじゃないか」と思いましたか? もちろん、毎日カップラーメンだけを食べ続けていては栄養が偏りますが、全く栄養が取れない食べ物ではないのです。それよりも問題なのは、カップラーメンに含まれる食品添加物にあるようです。
◆お肌に悪い 食品添加物ってなに?

悪い悪いと言われていますが、食品添加物とは本当に悪いのでしょうか。食品添加物などの化学物質は、肝臓でほぼ確実に解毒されると言われています。ですが、そうした化学物質を取り過ぎてしまうと、肝臓の機能が低下し、デトックス機能も低下してしまいます。

つまり、デトックスができなくなり、体の中に悪いものが溜まりやすくなってしまうのです。体に悪いものが溜まれば、肌荒れを起こしてしまいますし、体が酸化し、老化が進む原因になってしまうのです。また、女性ホルモンのバランスを乱してしまう要因になるとも言われており、そのために肌荒れしてしまうことにもつながります。

食品添加物のような化学物質は、とらずに済むなら、それに越したことはありません。カップラーメンには麺を綺麗に見せるための炭酸カリウムや炭酸ナトリウム、色素や香料など、多くの添加物が含まれています。
◆食品添加物が含まれている食品は?

「じゃあカップラーメンを食べるのはもうやめよう」と考えるのは、少し待ってください。食品添加物が含まれているのは、何もカップラーメンだけではありません。注意しなくてはいけない食べ物は他にもあるのです。

・市販のお弁当
・市販のおにぎり
・調理済みパスタ
・カット野菜サラダ
・食パン、サンドイッチ
・ハンバーガー・菓子パン
・おつまみ
・インスタントラーメン
・ハム、ベーコン、ソーセージ
・梅干し・たくあん
・お菓子類
・ドリンク類

このような食べ物に、たくさんの食品添加物が入っている傾向があります。だからといって、上記のような食べ物を食べないで生活をするのは、なかなか難しいでしょう。そうした場合には、できるだけ食品添加物が入っていない食品、少ない食品を選ぶようにして食べ物を選ぶようにしましょう。
◆さいごに

食品添加物が身体に悪いことは知っているけれど、手軽だからついつい頼ってしまう方も多いかと思います。確かに、毎日料理をする時間が取れないという方にとって、コンビニのお弁当やファストフードは手軽で頼りになる存在です。

ですが、食品添加物のとりすぎは禁物ですから、加工済み食品を選ぶ際にはできるだけ成分表を見るように心がけましょう。そうして自分がどのようなものを食べているのかを知ることが、食品添加物のとりすぎを防ぐ第一歩になるでしょう。