糖質制限のデメリット

糖質制限のデメリット

糖質を控えるだえというシンプルな方法と即効性があることから、実践したことがある人は多くいると思います。
しかし糖質をまったく摂らなくなると体調の面でトラブルが起きる可能性があります。

今回は糖質ダイエットのデメリットをご紹介します。

糖質制限ダイエットとは?!
そもそも糖質は体を動かすためのエネルギーとして使われています。
しかし糖質を摂りすぎると、急激に上昇した血糖値を下げるために、体内でインスリンというホルモンを分泌し、脂肪をため込んでしまう働きがあるのだとか。脂肪をどんどんため込むことから肥満に繋がりやすくなります。
そのため、ごはんやパン、麺類などの炭水化物に多く含まれている糖質を控えることで、脂肪を燃焼するようになることから、ダイエットに効果があるといわれています。

糖質制限のデメリット
「つまり炭水化物を食べなければいいんでしょ?」と思われがちですが、それは大間違い。
炭水化物をまったく食べなくなるということは糖質を摂取できなくなるということなので、脳は脂肪だけでなく、骨や筋肉から栄養を集めるように命令します。
そのため体のさまざまなところから栄養を吸収するようになります。たしかに様々なところから栄養を吸収するので体重は減るかもしれませんね。
しかし吸収が続くと骨や筋肉、代謝の力も同時に下がってしまい、太りやすい体質になる可能性が高くなるのです。

そのことから朝・昼・晩まったく糖質を摂らなくなったり、長期的に取り組んだりすることは逆効果になる場合があるので、オススメできません。

いかがでしたか?
今回は糖質制限のデメリットをご紹介しました。
炭水化物を減らすということだけで手軽にやりがちですが、危険性もあるということを認識しましょう。