究極の想うだけダイエット

究極の想うだけダイエット

痩せたい…。男女を問わず、みんなの願いかもしれません。これまで、さまざまなダイエット方法が編み出され、次から次へとダイエット本のベストセラーが登場しています。巻くだけダイエット、寝るだけダイエット、レコーディングダイエット、モムチャンダイエット、樫木裕美先生のカーヴィーダンス、美木良介先生のロングブレスダイエット…。この世にはどれだけ痩せたい人が多いのか……。
◆潜在意識に「スマートな自分」を刷り込む

はて、“想うだけダイエット”とは?それは、本当に「想うだけ」の、食事制限もエクササイズも巻いたりも書いたりも寝たりもしなくてよい、ノー努力のダイエット法です。

ポイントは「潜在意識に思い込ませる」こと。人の意識の97%は潜在意識、認識できる顕在意識はわずか3%と言われています。そして、潜在意識に刻まれた通りのことを、人は無意識のうちに実現しようとするのです。

ですから、潜在意識に「痩せている自分」を刷り込むことで、知らず知らずのうちに、食べる量が減ったり、間食をしたくなくなったり、運動がしたくなったり……。その結果、無理せず自然と痩せていく、というわけ。

「痩せよう!」と決めてダイエットを始めた途端、ストレスで逆に食べすぎて太ってしまったという経験はありませんか? これこそ潜在意識のなせるワザ。強く「痩せたい!」と思うことが「痩せたいと思っている自分」として潜在意識に刻み込まれ、「痩せたい状況」=「太ったままの状況」を作りだしているのです。

◆「痩せちゃった」を口ぐせにする
「痩せたい!」と思うのではなく「もう痩せている!」と強く思いこむこと。これだけで痩せられるのなら、試してみない手はありません。やり方は超カンタン。

(1)目をつぶってすでに痩せている自分をイメージする。イメージが難しければ、痩せていた頃の写真を見てみましょう。一度も痩せたことがないという人は、スリムな人の写真に自分の首だけをすげ変えるアイコラを作るのもOK(目に見える場所に貼っておくとなお◎)。

(2)しっかり痩せたイメージを頭に刻み込んだら、「すでに痩せている」気になって行動します。

(3)ことあるごとに「痩せちゃった」「痩せすぎて困ったな」「○○kg(理想体重)になっちゃった」と口にしてください。「痩せた~」を口ぐせにするのです。

これだけ。あとは気にせず普段と同じ行動を取りましょう。とにかくなり切ることが大事です。とにかく努力が嫌いで、痩せようと思うと逆に太ってしまう私が自信を持ってオススメする“想うだけダイエット”。お金も場所も時間もかからないので、ぜひ一度、試してみてください。