秋は太る?

秋は太る?

秋は気候として本来痩せやすい時期ですが、なぜか太りやすいと感じる人が多いのではないでしょうか。なぜそう感じる人が多いのか理由に迫ります。

秋の味覚にはおいしいものが目白押しで、うきうきしてしまいます。でも、たくさん食べてしまうと肥満につながってしまします。おいしいものは食べたいものの、太るのは避けたい。。そんな矛盾に悩んでしまします。

そこで秋のダイエットに、ちょっとしたヒントをご紹介。実は秋という季節は、もともと太りにくい時期でもあるのです。そんな秋特有の身体の変化や太りやすさ、太りにくさなどを見ていきましょう。


涼しくなって来れば、身体もそれに合わせて変化します。気温が下がると、体は体温を下げまいと、自ら熱を生み出します。すると、気温が高く、体温を意識的に上げる必要のない夏と比べて、秋・冬の寒い時期には、代謝が上がります。つまり秋は、夏と比べて、気候と身体の変化から、本来痩せやすい時期だと言えるのです。

体がエネルギー源を蓄えようとする季節でもある
一方秋の身体は冬の寒さに備えて、自然とエネルギーを蓄えようと動く仕組みがあるともいわれています。通常筋肉がある程度あれば、エネルギー源を溜め込んでもエネルギー源をして使われ、熱を放出することができます。これが健康的なサイクルです。

しかし、普段から運動不足で筋肉量が少ないと、エネルギーを放出しても体温を上げるだけのエネルギーがまかなえず、今度は体脂肪を溜めて、体温を保つのに活用するといわれるのです。

食欲増す理由は「秋の味覚」がおいしいからだけじゃない?
秋は旬の食材がとてもおいしく、食欲の秋とも呼ばれているほど、本当に食欲がわきやすいですよね。この食欲が増す理由としてよく言われるのが、「夏の間は夏バテや暑さで食欲が低下しているが、秋になると涼しくなり食欲が戻ってくる」という説です。

またそれ以外にも、日照時間が短くなるため、食欲を抑えるセロトニンが分泌されにくくなり、食欲が増進してしまうという説もあります。いずれにしても秋に食欲が増すのは実体験として感じることはあるでしょう。

このことから秋のダイエットのヒントが浮かびあがってきます。
本来秋は代謝が上がりやすい時期であることを有効活用し、意図的に筋肉量を増やして、エネルギーをできるだけ発散しながら、体温を上げられるようにすることが1つのポイントに。意図的にトレーニングを続けて、油断せずにトレーニングをさぼらないこと。そして「食欲の秋」を軽く見ないこと。これが秋を健やかに過ごすポイントになりそうです。