睡眠不足=デブの素

睡眠不足=デブの素

食事制限したり運動だってしているのに…
なんでなかなか痩せないの??
そんな経験をしたことはありませんか?
それにはちゃんととした原因があるのです!

「もしかして夜更かししていませんか?」
げげげ…
そういえば最近0時前に全然寝れてない、とか
スマフォをいじっていたらいつの間にかこんな時間!
なんて人は要注意※
夜更かし=デブの素だった!
夜更かしが与える”痩せない原因”を徹底解明しちゃいます。
1)血糖値の上昇
血糖値が上昇してしまうと食べたものが脂肪に蓄積されやすいのだとか…!特に脂肪細胞の多い下腹部などの部位に脂肪が溜まりやすくなってしまうそうです。

十分に睡眠をとらなかった日の翌朝は、十分な睡眠をとった日の翌朝と比較して、血糖値が大幅に上昇します。つまり、どんなに食事に気をつけていても、ダイエットして甘いものを我慢していても、前の日の晩に甘いものをたくさん食べたときと同じことが起こってしまうのです。
2)成長ホルモンの下降
成長ホルモンは疲労を回復させたり、
脂肪を燃焼するのには欠かせない要素!
夜更かしはそんな成長ホルモンの促進を妨げていた!

夜更かしをして睡眠時間を減らしてしまうと、成長ホルモンが分泌される時間が少なくなるため脂肪の燃焼効果を自らなくしてしまい、脂肪が減る時間を減らしてしまっているということになります。
3)食欲が増える
かしをすると小腹がすいて夜食を食べてしまったり、お腹がすきやすくなってしまう原因がたくさんあります。
夜更かしなどによって睡眠が不足するとグレリンと呼ばれる「空腹感」を感じさせる食欲中枢を刺激するホルモンが多く分泌されて、その反対の満腹感を感じさせるレプチンというホルモンが減ってしまうそうです。
そうなると、お腹が空きやすくなってしまうので、食べすぎる原因になってしまいます。

さらにその空腹感が原因でストレスになって、
それから過食症になってしまったりと
悪循環が起きてしまう可能性も…!
4)基礎代謝が下がる
元々代謝は夜に下がり昼になったら上がると言われています。しかし夜更かしをしてしまうと生活のリズムが崩れ、昼間に上手く代謝のスイッチが切り変わらないため代謝が上がりにくくなり、肥満の原因に繋がるのです。

寝不足状態になると、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位になります。
この状態は基礎代謝が下がってしまうので、痩せにくくなります。

基礎代謝とは体温にも関係していて
ダイエットにとっては一番重要なこと◎
睡眠時間が少なくなってしまうだけで
体に大きく影響が出てししまう!
4つの原因から
夜更かし=太る!

朝早く起きるように意識したり、夕方からはカフェインの少ない飲み物を飲むように心がけたりしましょう!

夜更かしをやめることによって、肌トラブルの原因も防げます!それによって肌荒れも起こりにくくなります。
せたいのなら夜更かしは禁物です!
よく寝てよく愛される♡
ほっそり眠り姫にあなたも今日から変身しましょ♪