睡眠不足は太る?!

睡眠不足は太る?!

あなたは毎日、十分な睡眠をとれていますか?あまり眠れていないという人は要注意です。睡眠の質が悪いと、自然と脂肪が蓄積されてしまう体になってしまいます。なかなか痩せないという人は、睡眠不足が原因かもしれません。

反対に良い眠りをするだけで、痩せやすい体質になれることも分かっています!ここでは、そんな眠りを実現する方法をご紹介したいと思います♪

☆寝るだけで痩せるワザ?!

・睡眠不足で太るのはなぜ?

たちが太る原因の一つに、自律神経の乱れがあります。通常、緊張状態や起きている時に働く「交感神経」とリラックス状態や寝ている時に働く「副交感神経」がバランスよく機能しているのですが、睡眠不足によってそれが崩れると身体に悪影響を及ぼします。

・「交感神経」優位が続くと太る!
起きている時間や緊張している時間が長いと、「交感神経」が優位になります。その状態が続くと、身体を対応させるために、内臓脂肪を蓄積するようにホルモンから指令が出ます。さらに、食欲を刺激するホルモンの分泌も増加し、食べる量も自然と増えてしまうのです。

・「副交換神経」優位が続くと痩せやすい
睡眠時やリラックスしている時には、「副交感神経」が優位になります。すると、体脂肪を分解するホルモンや筋肉を補助するホルモンが分泌されるので、自然と痩せやすい身体になっていきます。

◎良い睡眠の3つの法則
①朝は太陽の光を浴びて1日をスタート
朝起きて太陽の光を浴びると、体内時計が正常に働くようになります。そのため、自然と夜は眠くなり、ぐっすり深く眠ることができます。

②寝る前は光を浴びないように
睡眠を誘発するホルモンは、光を浴びると分泌が抑制されてしまいます。眠る前は、携帯やパソコンなど強い光を出すものはいじらず、部屋の明かりを暗くし、リラックスするように心がけましょう。

③寝る前のアルコールとタバコはNG!
よく眠れるからとアルコールを摂取する人もいますが、実際にはさまざまな研究結果から睡眠が浅くなってしまうことが判明しています。また、タバコには覚醒作用のあるニコチンが含まれているため、喫煙後しばらくは目がさえてしまう傾向があります。いずれも、寝る前には避けるようにしましょう!

無理な食事制限や運動をしなくても、しっかりと良い睡眠をとり自律神経を整えるだけで、簡単に痩せ体質になることが可能です。普段からあまり安眠していないという方は3つの法則を実践してみて下さい。身体が徐々に変わってくるはずですよ♪