疲れた自分にこそ自信を。〜前編〜

疲れた自分にこそ自信を。〜前編〜

年末にかけて、特にバタバタすることが多くなってくるこの時期。1年頑張ってきて、心も身体も少し疲れていませんか? 今回は、自分を大切にしながら自信をつける6つのコツのうち、3つをご紹介します。
「なんか疲れたな、、」が増えてない?
忙しくなってくると、心も身体も疲れが溜まりやすくなります。自分を労わる時間もなくて、疲労困憊になっていませんか?

今回は疲れている自分を癒してあげながら、少しずつ自分に自信が湧いてくるコツをご紹介します。
①作り笑顔をやめる
頑張っているのも、疲れているのも、顔に出たって良いんです。いつもニコニコしているのは素敵に見えますが、「作り笑顔」を作るのは疲れますよね。無理に笑わなくても良い瞬間を作ってあげましょう。

作り笑顔をしている時は、心も身体も自然と「緊張モード」になっているのを知っていますか? 海外では、「敵から守るために仮面を被っている状態」と言われることも。戦闘モードになりすぎると自分を見失う原因に。

自分の好きなことに没頭したり、会いたかった友人や、見たかった映画を見たりするだけでも、自然とリラックスできて、身体も心もリフレッシュ出来ます。自分が本当に楽しめる瞬間を大事にしましょう。
②現実逃避をする
現実逃避は「自己防衛」とも言われていて、心と身体からのメッセージだと思ってみてください。自分自身の気分転換が必要な時が、現実逃避の良いタイミング。

現実逃避(げんじつとうひ、英語: escapism)は、現実に求められたり、何かしなくてはならない物事から意図的に注意や意識をそらすための行為や心理状態。困難な状況から目をそむけ、不安から逃れようとする機制
「現実逃避」と言うと。「目の前の現実から目を背けて、逃げる」とイメージする人も多く、ネガティブな意味合いとして使われることも多い言葉です。でも、なぜ現実逃避をしたらいけないのでしょう?

仕事にもダイエットにも言えるように、忙しさを言い訳にして、やらないといけないことを先延ばしにすることは結構起こりがちですよね。めんどくさい時も、疲れて何も出来ない時もあっていいんです。

旅行に行ったり、好きなカフェに行ったり、現実逃避の方法は人それぞれ違いますが、「ホッと一息つける」かどうかの意識を大事にしてみてください。
③「予定」に振り回されない
これから年末にかけての時期は、新しい年を前にカレンダーや手帳を新調する季節。新しい1年の抱負や目標を決めてみたり、期待でワクワクする気持ちになりますよね。

新しいカレンダーや、手帳を見るたびに、「予定」が入っているかいないかで、気分が左右されていませんか? 予定がないと1人ぼっちや孤独を感じることで寂しくなることも。

SNSや雑誌でも特集が多くなっているのが、「予定」次第で自分嫌いになる女性たち。予定が入っていないことに女性としての危機感を感じたり、入りすぎていてもウンザリして嫌になる女性が増えているんです。

「予定」に振り回されないようにするためには、何の予定も入れない日を作るか、どんな予定も楽しむように意識を変えてみること。見方を変えれば、意外な出会いやチャンスにつながるかも。
続きは次回!!