溜め込みがちな毒素を出す方法

溜め込みがちな毒素を出す方法

疲れや便秘・肌荒れ・体や肌の老化など――さまざまな不調を生み出してしまう毒素は、生きていくうえでどうしても溜まり続けていくものです。
毒素の影響を受け不調になっている人と、アンチエイジングで疲れを感じさせない人とでは決定的に違うことがあります。それは毒素をきちんと排出できているか、そうでないか!体の毒素を出すにはこうしたらよいのです。
毒素ってそもそも何?
体の毒素とは、簡単に言うと体に害を及ぼす物質・体にとって不要な物質のことを言います。普段、食事などから知らず知らずのうちにとってしまっている有害重金属(水銀・鉛・ヒ素・ニッケル・アルミニウム)や有害化学物質(食品添加物・残留農薬・建築資材)が毒素なのです。また、便や尿などの老廃物も溜まってしまうのも毒素です。

毒素が溜まるとどうなるの?
毒素が溜まる原因は主に代謝の低下です。毒素が溜まると疲れ・冷え・肌荒れ・不眠・イライラ・肥満・見た目の老化など不調が多発していきます。症状は個人差がありますが、それぞれその人の弱い部分から出てくると言われているため、たとえば乾燥肌やニキビ肌に悩む方が毒素を溜め込むとさらにその症状が悪化したり不調を繰り返しやすくなります。年々、疲れやすくなったり肌荒れしやすくなっているならば、毒素が溜まりやすくなっているのかもしれません。
3つの方法で毒素排出
毒素の75%は毎日の便で排出できると言われているため、便秘症の方は要注意! 便秘症でなくても体の不調を感じやすい方は毒素が溜まりやすい体の可能性大なので、これらの3つの方法で毒素を排出していきましょう。

1:食物繊維を意識して摂取
便通を促す王様成分・食物繊維は腸内環境を整えてくれることで有名ですね。体の毒素を排出する目的では最高にピッタリです! 食物繊維を多く含む食材は、「玄米・ごぼう・きのこ類・根菜類・ワカメやノリなどの海藻類・こんにゃく・リンゴや柿などの果物類」ですが、腸への作用が少しずつ違うので、少量ずついくつかの種類をとるのがおすすめです。

2:毒をつまみ出す食材を摂取
食材にはデトックスパワーがあります。

・ 毒素をキャッチする … 玉ねぎ・ねぎ・ニラ・にんにく・玄米・豚肉・パクチー
・ 解毒力アップ … 大根・らっきょう・ブロッコリー・カリフラワー・キャベツ
・ 毒素を押し出す … ごぼう・こんにゃく・大豆・里芋・きのこ類

なかでもこれらすべての効果があるのが「玉ねぎ・ねぎ・にら・にんにく」の4つです。これらは日頃の食生活に積極的にとり入れていきましょう。

3:プチ断食
すぐにデトックスしたいなら半日~1日のなかで2~3食抜くプチ断食をして消化・吸収を止め、体を毒出しに専念させましょう。有害物質は肝臓や腎臓に溜まっていくため、なにも食べずにこれらを休ませるのが最善の策です。
丸一日続ける場合は、こまめな水分補給と完全な絶食は避けておかゆなどを少し食べるようにします。水分補給にはデトックスや利尿作用のあるコーン茶やカテキン、ハーブティーなどをとり入れるのもおすすめです。
体の不調や老化は体内の毒素が大きく影響しています。毒は溜めない・出す努力をするに限ります。毒素が抜けてくると、体がイキイキしてきたり肌の調子がよくなるなど好調な変化が目に見えて実感できますよ。