年末年始太りを避ける

年末年始太りを避ける

やってきました年末年始の飲みシーズン! お友だち同士での忘年会をはじめ、職場やお取引先との会食など付き合いがググッと増えてきますね。
そんな食事会続きでも、「太る人」と「太らない人」にはとある違いがあります。食べても太らずにいられるポイントとは? これからの時期の必見項目です。

食事会で太る人の特徴は?
食事会続きで太る人の特徴は
・カロリーを気にせず飲食
・食事会後、楽に帰宅してすぐに寝る
・翌日の食事もいつも通り食べる
・夜遅いしスキンケアも手抜き
・ウエストがゆったりした服装

食べる日と食べた翌日の行動に問題があります。
食事会で食べても太らないために
食事会に行くときの服装もポイント
食事会前にいくとき、服装はベルトをしたりウエストがピッタリなものをセレクトすることで、食べすぎ飲みすぎを予防することができます。

食べる順番に気をつける
まず、サラダなどを口に入れてからお酒を楽しみましょう。ほかにも食べる順番は食物繊維→たんぱく質→炭水化物が理想ですが、食事会シーズンは炭水化物を控える努力をしましょう。

食べた後は20分以上歩く
食べたあとはタクシー! ではなくゆっくりと20分以上かけて歩くのが理想です。20分歩くことで脂肪燃焼効果が高まるので食べた分を即リセットする効果があります。

お風呂はリラックス優先
食べて帰ってきた夜はシャワーで済ますという方が多いのではないでしょうか。じんわりと身体を温める38℃のお湯で30分の入浴をしましょう。巡りがよくなるほか、副交感神経が優位になり良質な睡眠を目指せます。食事会が続くときこそ、良質な睡眠を重視したいところです(お酒を大量に飲んでいる方は体調と相談を)。

スキンケア+フェイスマッサージ
食べて飲んで帰った夜は顔もむくみがちです。飲み会の翌日は顔がパンパンにむくんだ経験はありませんか? 食べて帰ってきた夜は美容液や乳液を多めに塗って優しく滑らせながらフェイスマッサージを。耳のうしろにあるリンパに流すように丁寧に行うことがポイントです。

翌日の朝〜昼の食事に気をつける
飲み会が続く翌日の食事はヘルシー食を心掛けましょう。翌日気を付けるだけでほとんどリセットできます。私はなるべくボリュームたっぷりなサラダやヘルシーなたんぱく質食をとるようにしています。
増えてしまった体重を元にするのは大変です。ですので、年末年始の食事会シーズン、この流れを行うことで食べてもいつもの体系をキープして、楽しんでいきましょう。