寝付けない夜とさよなら〜後編〜

寝付けない夜とさよなら〜後編〜

前回に続き後編です。

4.寝る前の刺激物は取らない
コーヒー、お酒、タバコの刺激物は眠れなくなってしまいます。お酒は飲むと眠くなりますが、一時的な物なのですぐに起きてしまいます。体を休める準備が大事。
5.ぬるま湯に浸かる
快眠のためには、寝る前に2~3時間前にぬるめお湯にゆっくりと浸かる事がポイント。体質によっては上がった体温が下がらない方がいます。その時は足の裏にアイスノンを当てると、体温が下がって眠れますよ。

しかし、寝る直前に熱いお湯につかると交感神経の緊張が高まってしまうため、かえって寝つきが悪くなってしまうので気をつけて下さい。
6.リラックスできる香り
アロマオイルやピローミストの香りを使うと眠りを促せます。安眠効果の高いアロマオイルはラベンダー、カモミール、ネロリ、オレンジです。自分がリラックス出来る香りが1番のオススメです。
7.心地よい音楽
眠る時、まったくの無音よりも少し雑音がある方がいいといわれています。リラクゼーション音楽を聞くなどしてみてはいかがでしょう。聞いているうちに眠っているかもしれません。
睡眠をとれる事はとても幸せな事
ゆっくり眠れた次の日はとても元気に過ごせます。何よりも心が満足する睡眠時間。眠れないと考えている時は強いストレスを必ず感じているはずです。ぜひこの7つの方法を試して見て下さいね。