夏バテはあとからやってくる…

夏バテはあとからやってくる…

夏バテは、夏の暑い時季に
現れる慢性的な症状を言います。
全身倦怠感、食欲不振
消化不良、下痢など…

~主な原因~
汗をかくことによる体内の水分やミネラルの不足
胃腸の疲れによる消化機能の低下
屋内と屋外の温度差による自律神経の乱れ
睡眠不足による体力の低下
などが挙げられます。
夏バテは、はっきりとした痛みを
伴うわけでもなく
寝込んだりするほどの重大な
症状が出ることも少ないため、
何となく体調が優れなくても、
特別な対策をとることのないまま、
自然に体力が回復するのを
待つ方がほとんどのようです。
しかし、夏バテしている体に
初秋の不安定な気候が重なると、
体力回復どころか、
余計に体調を崩してしまう人も
多く見られます。
また、
「夏バテにならないように」
「夏バテを悪化させないために」と
冷たいものばかり
食べたり(飲んだり)している人や、
一日中冷房の効いた室内にいる人は、
体の中(胃腸や内臓など)が冷え、
体全体の働きが低下してしまいます。
夏の暑い時季は何とか
乗り切ることが出来ても、
少し涼しくなりはじめた
初秋の頃に体の疲れが
一気に出てしまい、
遅めの夏バテ(秋バテ?)に
なってしまう人も多いのです。

そんな秋ほど食事や運動、
入浴や睡眠など健康に
気を遣って元気に過ごす
努力が必要です!