夏こそ食べるべき美白食材

夏こそ食べるべき美白食材

夏になると、肌がくすむという声が増えるもの。鏡を見て「なんか日焼けした?」と思いきや、肌がくすんでいる状態だった……というケースが多いそうです。肌色がくすむと一気に老けた印象になるし、夏色の洋服が似合わないし …… とイヤなことばかり。
今回は、食べて内側から美白効果をアップさせる食べ物をご紹介します!

☆くすみ解消に役立つ食べ物で、内側からもケアしよう
効果的にくすみを解消するためには、食べ物で内側からも透明感アップ! 良質なたんぱく質をとって肌を健康に、メラニンの増加をおさえるビタミンC、肌に酵素を運んで角質を整える鉄分などを意識してみましょう。
◎たんぱく質→鶏肉
動物性たんぱく質は必須アミノ酸がバランスよく含まれていて、肌を美しく整える働きがあります。脂質も多いので、植物性のたんぱく質をうまく組み合わせて美肌効果アップ!

【そのほかの食材】
魚介類、乳製品(牛乳など)、大豆製品(納豆など)

◎ビタミンC→ブロッコリー
肌を酸化から守り、コラーゲンの生成を促して肌にハリツヤを与える効果が。ビタミンEの抗酸化力を助ける効果もあり、エイジングケアにも役立ちます。

【そのほかの食材】
カリフラワー、パプリカ、キャベツ、れんこん、キウイなど

◎鉄分→カツオ
角質ケアに欠かせない「酵素」を全身に運ぶ成分で、不足すると肌がくすみがちに。女性の1日の摂取目安は12mgといわれています。意識してとるようにしましょう!

【そのほかの食材】
レバー、赤身肉、牡蠣、アサリ、ひじき、がんもどき、小松菜など

肌のくすみを解消して透明感を出す効果が期待できる成分。どれも身近な食材なので、食べやすいはずです。毎日の食事に加えて、紫外線・年齢による肌のくすみを解消しましょう!
☆ケアは保湿、日焼け対策が必須です!
食べ物だけではなく毎日のケアにもひと工夫をして肌のくすみを解消しましょう! まず大切なことは「保湿」。しっかり肌を潤わせて、角質のコンディションを整えましょう。
くすみをオフするためには、肌の新陳代謝をアップさせることも大切です。くるくると円を描くようにやさしくマッサージしながら、保湿効果も血行促進効果もアップさせてくださいね。潤いを強化しながら、マッサージやホットタオルで血行促進。ゴマージュで古くなった角質をとり除く習慣もとり入れると、透明感がとり戻せるはずです!
夏の肌はくすみがち。肌がくすんでいたら、気分だって暗くなってしまうもの。明るく、透明感のある美肌&を目指して、毎日のケアを見直してみてくださいね。