台風が来ると太りやすくなる?!

台風が来ると太りやすくなる?!

台風の日は太りやすい
東京では厚い日が続き、丁度台風が通りすぎていきましたね。

交通や災害・水害もありましたが、ダイエット面でも「台風の被害」があることをご存知ですか?

台風がくると代謝が落ちる
台風とは「熱帯性低気圧」という巨大な低気圧です。周囲との気圧差が大きく上昇気流を発生させているので、空気中の酸素濃度が低くなり、軽い酸欠状態となります。

台風の日に限らず、急に気圧が下がると生あくびが出たり、頭痛・妙な倦怠感を感じる人も少なくないと思います。それも同じ原因です。

低気圧による自律神経の乱れ
私たちの体を維持するために働いている自律神経には、アクティブなときに動く交感神経と、就寝前などリラックスする時に働く副交感神経があります。
普段は仕事をしているときや運動をしているときはアクティブな交感神経が活発に働いていますが、酸欠状態になってくると、体を温めようとして副交感神経が優位になります。

活動しようとしているのに副交感神経の方が優位に働くという自律神経の乱れは、内臓の動きや代謝機能も乱れさせます。

したがって、巨大な低気圧・「台風」がくると代謝が下がるために基礎代謝による消費カロリーが少なくなり、老廃物は排出されにくく、むくみやセルライトも生じやすくなる=太りやすくなる という困ったことになるのです。

低気圧によるむくみの解消
低気圧による代謝の低下・むくみを解消するためにはまず、酸欠状態からなんとかしないといけません。

深呼吸する
酸素をしっかり取り込むために、ゆっくりと大きく深呼吸しましょうう、できれば腹式呼吸で、体の隅々まで酸素を送り込んであげます。

かんたんなストレッチ
腕を回す、背伸びをするなど簡単なものでいいです。
血行がよくなるのでむくみ防止になります。また、だるさもなくなります。

あたたかいお風呂に入る
帰宅後はあたたかいお風呂に浸かって、首・背中・腰をよく温めてあげましょう。
自律神経は首から背骨にそうように通っているので、首~腰を温めてあげることで自律神経も落ち着き乱れが整いやすくなります。

また水圧によりリンパの流れが促進され、むくみの解消にもなります。

台風だけでなく、季節の変わり目は自律神経が乱れやすくなります。
しっかりと体をいたわってあげることもダイエットには大切です!