乾燥対策

乾燥対策

乾燥の厳しいこの時期。会社に行くと肌が乾燥するとお嘆きの女子も多いのでは?
窓を開けて換気をせずにエアコンを長時間つけっぱなしにすることになるオフィスはどうしても空気が乾燥したままになりがちです。またオフィスだと自分で好きな席を選べないので、空調の加減によっては風がきつく当たることもありますよね。温度や湿度も自分好みにするのは難しい! と悩みはつきません。冬でももっちり潤ったモテ肌をキープしたいものですが、果たしてどうしたら……?
乾燥肌に悩む筆者が試して実際に効果があったもので、あまり費用もかからず仕事中にでも簡単にできる乾燥肌対策を集めてみました。

水を飲む
乾燥する時期はつい外側からのケアばかりに目がいきがちですが、体内が水分不足になるのも乾燥肌の原因に。
二日酔いの朝って喉が乾くだけでなく肌も乾燥してガサガサになっていた経験はありませんか?冬だと寒いので夏ほど水分を取らない方も増えると思います。ですが、体内が脱水状態になっていたらお肌だって乾燥するはず。
お茶やコーヒーなどは利尿作用があるのでより水分を排出してしまいます。常温のお水か白湯をこまめに飲むようにしましょう。

USB加湿器を置く
乾燥対策に一番手っとり早いのは卓上加湿器です。PCに接続するUSBタイプのものなら気軽にとり入れやすいのではないでしょうか。
1,000円~2,000円以下くらいで購入できるUSB加湿器も多いですがおすすめはもう少し高めの価格帯で作りがしっかりしたもの。安めの価格帯のものは最初は勢いよく水蒸気が出るのですが、水道水のカルキが白く詰まっていつの間にか壊れることが多いです。また筆者の経験上、吹き出し口が小さいタイプの加湿器は詰まって壊れやすいので蒸気の出口が大きめのものをおすすめします。

湿度計を置く
オフィスやデスクの片隅に湿度計を置いておくと、数値で湿度がはっきり見えます。オフィス自体に強力な加湿器を導入してもらうのが一番楽ですが、「なんか乾燥しているなあ」と思っても肌の丈夫な男性にはわかってもらえないことも。そこで湿度計があれば「インフルエンザには50%以上の湿度管理が大事だと言われているのにこの湿度だとインフルエンザが蔓延しますよ!」などと上司に訴えるのも効果が出やすいでしょう。

マスクをする
加湿器を置いたりできない! という方はマスクで防御するのもおすすめです。ただ、目から下しか防御できないので乾燥しやすい目元はしっかりアイクリームやオイルで保湿しましょう。
オフィスにいる時間のほうが睡眠時間より長いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。長時間いる環境だからこそ、ちょっとしたことで乾燥から肌を守ってモテ肌をキープしましょう。