リバウンドしないために!その①

リバウンドしないために!その①

「スリムになりたい」と何とか頑張ってダイエットしても、すぐにリバウンドしてしまうようでは意味がありません。でも目標を達成したことで気が緩むのか、そんなパターンを繰り返す人も多いようです。
そこで今回はリバウンドしないために気をつけるべきことを紹介します!

リバウンドしないために!
①なんとなくお腹が空いたから食べるのをやめる
ダイエットに成功し、目標を達成したということがじつは気のゆるみになってしまうのかもしれません。目標体重になったからといってすぐに元通りの食習慣になり、おやつなど「なんとなくお腹が空いた」と思って思いのまま食べていると、体重もあっという間に元通りに。

3食しっかり食べて、次に空腹感を覚えるまでしっかり間を開けましょう。お腹が空いてもないのに「なんとなく」で食べてしまうのはカロリー過多になりがちです。
②「1日中座りっぱなしで運動不足になりがち」にならないように動く
いったん体重を落としてキープしたいのなら、新陳代謝を活発にし、その体重に見合ったカロリー消費をしてゆくことです。デスクワークの人だと仕事で1日座りっぱなしで運動不足となりがち。

そうならないためにも「体を動かす」という基本的なことを忘れないようにしましょう。激しい運動やジム通いでなくても、一駅分歩く、階段をよく使うといった身近なことから始めて、新陳代謝の高い“痩せ体質”になってゆきましょう。
③いつだって腹八分目を心がける
日本には“腹八分め”という素晴らしい言葉がありますが、海外でもその有効性が大いに指摘されている名言でもあります。現代人はとかくお腹いっぱい食べることが一番だと考えがち。

でも「少し足りないかな」くらいでブレーキをかけるのがカロリー過多にもならない大事な秘訣なのです。これが食習慣として身につけば、ダイエットのリバウンドにもならないはず!

次回へ続きます…