ダイエット成功思考法

ダイエット成功思考法

美味しいものを目の前にすると、手が止まらなくなってしまうという方は必見!冬太りや正月太りは、思考法で回避しましょう♡今回はマインドフルネスのRAINより、食べたい衝動をおさえる「ダイエット成功思考法」をご紹介します。
止まらない食欲をどうにかしたい。。
年末年始は美味しい食事をする機会が多いため、ついつい冬太りしがちですよね。「ダイエットしたいのに、美味しい食べ物に手が止まらなくなって、あとで後悔してしまう…」そんな経験はありませんか?

冬太りは「食べたい衝動」を抑えて回避!
ダイエット成功のカギを握るのは、突然わき起こる「食べたい衝動」をコントロールすることです。食欲をうまく操ることができれば、ダイエットは成功したと言っても過言ではありません。

そこで今回は、マインドフルネスのRAINという思考法を用いて、衝動や欲求を抑制する「ダイエット成功思考法」をご紹介します。普段間食が止まらない方や、冬太りを防ぎたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
食欲を抑える!思考法ステップ4つ
まずマインドフルネスとは、「ありのまま、今この瞬間に起こっていることに意識を向けること」です。思考や感情を司る”脳”を休めるツールとして世界中で広く知られており、瞑想や呼吸法、思考法といったさまざまな方法があります。

今回ご紹介するマインドフルネスのRAINは、アメリカの瞑想トレーナーが考案した思考法で、「R: 認知(recognize)A: 受容(allow)I: 調査(investigate)N:非同一化(non-identification)」の頭文字からとったものです。

本来、怒りなどの感情をコントロールするテクニックとして知られていますが、ダイエットにも効果的だと考えられています。そこで今回は、RAINの応用編として、突然食欲がわいたときにオススメの4つのステップをご紹介します。
STEP①食欲が湧いたことに「気づく」
三食きちんと食べることは重要ですが、お腹がすいてもないのに食べてしまうのは控えたいところ。

「暇だから」「疲れているから」「口寂しいから」「イライラしているから」「なんとなく」など、いろんな”食べ癖”がついていませんか?

まずは、食べたい衝動がわき起こるパターンを知りましょう。実際に食欲がわいたら、「あ、今食欲がわいたな」と気づくだけでOKです。
STEP②食欲が湧いた自分を「受け入れる」
次のステップは、食欲がわいた自分を受け入れること。「ダイエット中なのにこんなに食べたくなってしまうなんて…」と自分に対して罪悪感を抱いてしまうと、そのストレスから更に食べたい衝動が抑えられなくなります。

食欲がわいた自分を否定せず、受け入れてあげることが重要です。「仕方ない、人間だもの」くらいの気持ちで考えてあげましょう。
STEP③体がどう変化するのか「調べる」
今度は、食欲がわいた瞬間に体にどんな変化が起こるのか、自分自身を観察します。

「何かむずむずする」「胃がキューッとなる」「呼吸が浅くなる」など、その反応は人それぞれ違います。自分の体に起こる感覚と向き合い、十分に調べてみましょう。
STEP④食欲が湧いた自分を「客観視する」
最後のステップは、突然わき起こった食欲や、それに対する体の反応を客観的にとらえること。

「あ、自分はこんな瞬間に食欲がわいて、食欲がわくと体にはこんな変化が起きるんだ」「これは一時的な反応にすぎないな」とまで思えたらパーフェクトです。

意識的な「思考の選択」で未来を変える
客観的になれた瞬間、「食べたい衝動が抑えられなくなっていた自分」とは既に距離がとれていることに気づくと思います。

「これを食べるとどうなるのか」まで考えられたら、ダイエットは成功したも同然。自分の選択次第で未来が変わるということを、徐々に実感してきますよ。
ダイエットは「思考法」で攻略★
今回ご紹介したこれら4つのステップは、食欲がわいたときや、感情を抑えられなくなったときに効果的です。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

思考が変わると、食べ癖や生活習慣といった行動も変わってくるはずです。この「ダイエット成功思考法」を上手に取り入れ、冬太りを回避してくださいね。