ダイエット効果の高い豆乳の飲み方

ダイエット効果の高い豆乳の飲み方

栄養たっぷりだけどカロリーは牛乳より少し控えめの豆乳。スタバでも豆乳をオーダーする人も増えているのでは?美肌効果があることはよく知られていますが、実は痩せ効果も高いんです!
豆乳で痩せる4つの理由
①脂肪の吸収を防いでくれる
大豆に含まれるサポニンには、腸で吸収したブドウ糖が脂肪と合体しないように抑制し、脂肪の蓄積を抑えることによって肥満を予防する効果があります。
大豆サポニンが脂肪の吸収を防いでくれるので、多少の食べ過ぎなら心配なし!さらにコレステロールや中性脂肪の増加を抑えてくれるため、今太りにくくするだけでなく将来の体型キープにも役立ちます。

②腹持ちがいい
植物性たんぱく質と食物繊維が含まれているため、他の飲み物よりも腹持ちが良いのが豆乳の魅力。豆乳でお腹を少しだけ満足させておけば、空腹状態で食事をするよりも食べ過ぎを防ぐことができちゃいます。

③生理前のドカ食いを防ぐ
豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするのが特徴。ホルモンバランスを整えておくことによってPMSのイライラを和らげることができ、生理前の食べ過ぎを防いでくれるんです。

④便秘解消でお腹スッキリ
便秘の原因となる主な原因は、食物繊維と水分の不足。普段の食事に豆乳の水分と食物繊維をプラスして、美味しく手軽にお腹をスッキリさせておきましょう。
飲むときのルール
どれくらい飲めばいいの?
以前、大豆に含まれるイソフラボンの摂取量について報道がなされたことがありますが、サプリメントなど特殊な食品が対象で、従来の大豆食品の摂取は問題ないとされています。

飲み過ぎるとガンになるなどの説もありますが、「日本豆乳協会」によると食品から摂る分には低リスクなのだそう。とは言え豆乳は0カロリーではないので、大量に飲んでしまうとダイエット効果は期待できません。

1回に飲む量はコップ1杯ほどが目安。豆乳が体内に消化、吸収され始める時間を考え、食前30分ぐらいに飲んでおいてくださいね。

どのタイプの豆乳がベスト??
飲みやすいのは「豆乳飲料」ですが、糖分多めで大豆成分少なめなのでダイエットには不向き。飲みやすい味の「調整豆乳」、または成分が濃い「無調整豆乳」がおすすめです。

つまりベストなのは無調整豆乳ですが、大豆独特の風味が苦手な方も多いのでは?そんなときは黒ゴマなど低カロリー食材を加えて、ヘルシーな間食として楽しんでみましょう。

美肌を作りながらダイエットも♡
豆乳ダイエットは食前30分前に豆乳を飲み、少し量を控えながら食事をするだけなので簡単。ムリせず食べ過ぎを防ぐことができる上、美容効果も同時に期待できちゃいます。

最近食べ過ぎが気になる、無理せずゆっくりダイエットをしたいときにオススメ。簡単&美味しいので是非試してみてくださいね。