ゴースト血管をなおそう!

ゴースト血管をなおそう!

万年「冷え性」「むくみがち」、「肌のくすみ」「くま」などが悩みの方。そんな悩みの方の身体を検査すると、あるはずのアレが消えている事がわかりました。それは、「毛細血管」です。

身体の隅々まで、温度や栄養を運び、老廃物を排出する為に必要な血管。その血管が働いていないというのです。どうすれば大事な毛細血管を生き返らせる事ができるんでしょう?

万年冷え性&むくみの原因

慢性化している「冷え性さん」「むくみさん」、身体を温めて巡りを良くしてるのに、その場しのぎで終わり、気づけばいつも冷えていませんか?体質だと思って諦めないで!放置してはいけない原因があります。

それが「血管のゴースト化」。手足などの末端に熱を届ける、毛細血管が働かなくなることから始まります。冷えや圧迫などでダメージを受けた毛細血管は、血液が流れなくなり、ゴースト化します。

血液の通り道、血管が無くなると、以下のような困った事が起こります。

①栄養が届かない!→肌のくすみや乾燥
②熱が届かない!→いくら温めても冷えたまま
③老廃物が回収出来ない!→むくみがとれない

③の血管とむくみの関係も大切です。心臓から送り出された血液は、動脈を伝って全身に酸素、栄養、熱を運びます。そして帰り道は静脈。この帰り道の血液が、細胞の老廃物を回収して、むくみを解消します。

そう、血管がゴースト化してしまうと、大事なものを届ける仕組みも働かなくなりますが、余分なものを回収する仕組みも働かないんです。冷えとむくみがセットになる理由がここにあります。

死んだ血管が生き返る!?

血管がゴースト化しても諦めないで!冷えやむくみを根本解消するチャンスなので、是非積極的に改善してみましょう♡

① 救世主「Tie2」を摂るべし
「Tie2(タイツー)」とは、血管やリンパ管を丈夫にする作用があり、毛細血管を正常化する事ができる成分です。この「Tie2(タイツー)」は、身近に手に入る食べ物から摂取できます。

Tie2」を活性化する食べ物
・シナモン
・サンザシ
・かりん
・ヒハツ(ロングペッパー)

ヒハツ」は、「ロングペッパー」の名でスーパーでも売られているコショウの1種です。毛細血管を生き返らせる効果があるとして、このところ注目を浴びています。

②毛細血管刺激運動で蘇生
手が冷える→

・爪の周りを優しくマッサージ&指を交差してこすり合わせる。気付いた時に1分程行いみましょう。

足が冷える→

・定期的に靴を脱いで、足指じゃんけんを1分。(ハイヒールが多い方に特にオススメ)

立った姿勢でイナバウアーのポーズ。反りながら息を吸い、戻りながら吐く。(座りっぱなしや姿勢の悪さが、下半身の血流を圧迫している人にオススメ)

顔のくすみが気になる→

・毛細血管ゴースト化のサインが真っ先に現れる耳をマッサージ。耳の縁を上から耳たぶまで優しくもみほぐしたら、耳を上下に挟んで2つに折り曲げます。

③温めてダメなら冷やしてみよう
万年冷え性は、いくら着込んでも、暖房しても、冷えがとれないと感じているかたも少ないはず。そんな慢性冷え性、放っておくと良くなるどころかますます悪化する可能性があります。

例えばずっとホッカイロを貼っていると、とった後でものすごく冷える事があります。これは、身体の体温調節機能が働いて、温かい場所には血管を収縮させて、温度を下げようとするためです。

つまり温めすぎは、身体本来の温度を上げようとする機能を低下させてしまう事があるんです。それを逆手にとって、ポカポカ身体を作る知恵が「冷やす」事です。

具体的には温冷トレーニングがお勧めです。

・お風呂場などで、お湯と冷水の桶を用意します。(冷水はアイスノンなどを入れて冷たくすると効果的です。)

・足元や、手先、冷えが気になる場所を、冷水の桶に浸して、我慢できる所まで冷やします。

・十分に冷えたら、お湯の桶に足や手を移します。これを何度か繰り返します。血管が拡張して、温かさが持続できるようになります。

いかがでしたか?言わば血管の老化でもあるゴースト化。血管を元気に保つケアを習慣にすれば、何年経っても老けない秘訣にもなります。