やる気が出ないのは「冬うつ病」のせい?

やる気が出ないのは「冬うつ病」のせい?

心の風邪ともいわれ、一般的によく聞くようになった「うつ」。しかし、冬季限定で発症する「冬うつ」という病気があることを知っていますか。ここでは、その特徴と予防法について紹介しています。
*冬うつ病の特徴
・睡眠時間が長くなる
就寝時間は春や夏と変わらないのに、朝が起きられない…。うつ病は不眠の傾向がありますが、冬うつ病はどちらかといえば過眠傾向に。眠っても眠ってもまだ眠い…それは、もしかして「冬うつ」の症状かもしれません。

・炭水化物や甘いものが食べたくなる
太ってしまう…とわかっていながら、ついつい甘いものを食べ過ぎてしまう。それも、冬だけ。それは、うつ病・冬うつ病の発症原因ともいわれているセロトニン不足が、炭水化物の過食に走らせているのかも…?

・うつ病と同じような症状も
その他にも、集中力が低下したり、今まで問題なくできていた家事や仕事が急に面倒に感じてしまったりする、性欲が低下するという通常のうつ病と同じ症状が、同時にあらわれる場合が。
*冬うつ病の発症時期
うつの発症時期は、人それぞれ。夏の終わりから春になる寸前まで…という人もいれば、冬の本当に寒い時期だけという人。急に高緯度の場所に引越しをすることで、体内時計が狂い冬うつを発症してしまう人もいます。
*冬うつ病の予防法
セロトニン不足になると、うつ・冬うつ問わず発症しやすくなるもの。日照時間が短くなるほどに、セロトニンが少なくなるため、意識的に太陽の光を浴びたり、朝起きたらカーテンをすぐに開けたりと、太陽を意識する生活を。
セロトニンは、食事で摂取することも可能です。セロトニンをつくるためには、肉や魚、大豆などのたんぱく質+ビタミンB6が多いバナナやレバー、青魚を意識的に食べましょう。

ストレスが原因となるのは、うつも冬うつも同じこと。好きな音楽を聴いたり、友達と思いっきりおしゃべりしたり、一人の時間を大切にしたり。ドライブを楽しんだりと、気分転換を心がけることも大切です。
うつとは、身体が冬眠を求めている状態のようなもの。だからといって冬眠できるわけではありませんが、自分の症状と予防法を知っておくだけでも、症状がやわらぐ可能性もあります。春は、もうすぐ。自分の身体を大切に