やっぱり酒はデブの素

やっぱり酒はデブの素

年末年始は何かとお酒を飲む機会が増える時期。お酒を飲んでも、おつまみを控えれば太らないと思っていませんか?いくらおつまみを低カロリーにしても、お酒はダイエットに大敵なのです!

◎カロリーだけでなく糖質に注意!
お酒は栄養にならないエンプティーカロリーだから、太らないと思っている方もいるかと思います。確かに体を構成する栄養素はほとんど含んでいませんが、糖質などでカロリーはしっかりとあるのです!ビールだったら中ジョッキ1杯(500ml)で約200kcal、グラスワイン1杯(120ml)で約100kcalになります。ビールや日本酒など、お酒は米や麦など糖質が高い穀物を原料にしているものが多く、空腹時にそういったお酒を飲むことで血糖値が急激に上昇し、太る原因となります。

◎肝臓でアルコール分解で忙しくなると…
アルコールが体内に入ると、忙しくなるのが肝臓です。アルコールを分解して体に影響を及ぼさないように無毒化する働きがあります。しかし、肝臓の大切な働きとして、食事から摂った糖やたんぱく質、脂肪を体内で使える形に変えたり、代謝を促進する役目があります。肝臓がアルコールの分解で忙しくなってしまうと、この大切な働きが疎かになってしまいます。その結果、アルコールによって代謝が悪く太りやすい体になってしまいます。

やはりお酒は体に良くないようですね…
ダイエットをするなら、お酒とは別れを告げてみましょう!