ぽっちゃりの境界線とは??

ぽっちゃりの境界線とは??

周りの人から見た自分の体系がどんな印象なのかはやはり気になってしまいますよね。「普通体系」「ぽっちゃり」「太っている」それぞれの境界線って曖昧なもの。そこで今回は、そんな曖昧な「ぽっちゃり」の境界線を探っていきたいと思います。ポイントを押さえれば「痩せ見せ」ができるかも!?体系にお悩みの方必見です☆

ぽっちゃりの境界線って?
昨今「マシュマロ女子」や「ぷに子」などのワードが話題になり盛り上がりを見せています。
男性人気が高いとの声もあるぽっちゃり女子。

だけど、そんなぽっちゃりも行き過ぎてしまうと「おデブ」になってしまいますよね。その境界線っていったい何なのでしょう?人によっても線引きが違う「ぽっちゃり」の境界線。様々な意見を見ていきたいと思います!
フェイスラインに注目!
フェイスラインがスッキリとしているだけで痩せてみえることってありますよね。実際に「ぽっちゃり」と言われている芸能人を見てみると、グラマラスな体系にすっきりとしたフェイスラインが印象的です。

目につきやすい顔を引き締める事で印象が大きく変わってきそうですね。
体にメリハリがあるかどうか
肉付きはいいものの全体のバランス感がよく、出るところ、引っ込むところのメリハリがあるかどうかが大事なよう。

体重が身長マイナス100キロ超えたらデブ、という男性からの意見もあるようです。具体的に数値にされると分かりやすいですね。
ファッションが違う!
自分の体の見せ方を知っている人はどんな体系であっても魅力的に映りますよね。

体系を隠すためにチュニックやタートルネックなどを何枚も重ね着していたり、足の太さを隠すためにスカートは履かずパンツスタイルばかり。

そんな風に「どうせ太っているから…」とファッションを楽しまず隠すことばかりしていることが「おデブ」のレッテルを貼られてしまう原因の一つのようです。
雰囲気も大切。
いつも笑顔で可愛げがある子はぽっちゃりだけど、不潔感があって人に不快感を与えるのはおデブだという意見も。

メイクやファッションを楽しんで可愛くなっちゃいましょう
いかがでしたでしょうか?
体脂肪率やBMIなど数字での違いはありますが、実際のところファッションやメイク、人柄など全体的な雰囲気でも大きく左右されますよね。また、部分的に引き締まっているところがあれば痩せ見えすることも。皆さんはいかがでしたでしょうか?