この時期にはやはり!

この時期にはやはり!

体の冷えに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?冷えは様々な体の不調を引き起こします。末端冷えや、二の腕・太ももの冷えを緩和するために何をするべきか改善方法をご紹介します。

「冷えは万病の元」
冷えは万病の元と言われるように、体が冷えていると病気や不妊の原因になったりと良いことは一つもありません。特に女性は熱を生み出す筋肉量が少ないため、冷え性に悩んでいる人が多いのです。

冷え性は冬だけでなく夏にも体が冷えている状態が続くため、体の内側から改善するのが望ましいです。冷え性にならないように生活習慣を改めたり、冷え性になりにくい体を作ることも大切です。
冷え性になる原因
食生活の乱れ
温かいものや野菜などを摂らず、冷たい物や甘い物ばかり食べていると中から体が冷えていきます。バランスの良い食事を心がけて、飲み物もできるだけ温かいものを飲むようにしましょう。

運動不足
運動不足になると筋力が低下して基礎代謝が落ち、脂肪が燃えにくく血流が悪くなります。適度な運動は冷え性を予防改善させるだけでなく、健康な体作りのためにも大切です。

ストレスや喫煙
日々のストレスでも血流が悪くなり冷えの原因になることがあります。その日のストレスはその日に発散させることを心がけてください。また喫煙も血管を収縮させて血流を悪くし、基礎代謝を低下させます。

骨盤の歪み
骨盤が歪んでいることによって内臓の動きが弱まり血流が悪くなり、冷え性や生理痛や下半身太りの原因になります。できるだけ骨盤の歪みをなおして日常生活でも骨盤を意識して姿勢正しく過ごすことが大切です。
冷え性の改善方法
体が温まる食材を食べる!
血流を良くするために毎日の食生活が重要です。甘い物や冷たいものを摂りすぎると血の巡りが悪くなるので、体が温まる食材を積極的に摂るようにしましょう。

例えば、温かいココアに生姜を入れて飲んだり、白湯や常温のものを選んで飲むようにしましょう。食材は野菜をしっかり摂取して、夏野菜より体が温まる冬野菜(根菜類)がGOOD。

体を温める主な食材
・生姜
・ごぼう
・にんじん
・かぼちゃ
・シナモン
・ねぎ
・ニンニク
・山芋 など

お風呂に浸かる!
お風呂はシャワーだけで済まさずに、湯船にゆっくり浸かることが大切。ぬるめのお湯に20分以上浸かって、体を芯からしっかり温めましょう。リラックス効果のあるアロマを入れて入浴してもGOOD!

手先足先までしっかりお湯に浸けることで、体の芯から温まることができます。湯船でリラックスすることで、その日の疲れやストレスも緩和できるのでなるべく毎日入浴したいですね。

適度な運動をする!
ウォーキングやストレッチなど適度な運動を毎日することで、血行がよくなり全身に血液が巡りやすくなります。筋トレで筋力を増やすと基礎代謝も上がり、体温が上がって冷え性予防につながります。

ずっと同じ体勢でいると血流が悪くなるので、ずっと座っていたりする時は手や足の指をグーパーで動かすだけでも違います。すきま時間にちょっとした運動やストレッチをしましょう。

朝起きたら白湯を飲む!
朝に白湯(沸騰させて少し冷ましたお湯)を1杯飲むことで、体が内側から温まりやすくなります。白湯で胃や腸を効率よく温めると基礎代謝もUP!血行を促進してくれます。

白湯は電子レンジでも簡単にできます。耐熱カップに水を入れて500Wのレンジで1分半温めます。体温より高めの温度まで冷ましてから少しづつ飲んでください。

骨盤の歪みを整える
骨盤が歪むことで様々な不調が現れます。骨盤の歪みは日々のストレッチやヨガで家でも整えることができます。あとは骨盤底筋を鍛える運動や姿勢など、日々の生活で骨盤が歪まないように予防しましょう。

骨盤の歪みがひどい場合は整体で骨盤矯正をしてもうのがおススメ。骨盤を正しい位置に戻せば冷え性だけでなく、ダイエットや生理痛の緩和にも効果的で良いこといっぱいです。
今日から温活始めよう♡
冷え性は生活習慣に左右されやすく、改善したいという気持ちが1番大切です。冷え性を放っておくと良いことは1つもないので、ぜひ今日から温活を始めてみてください♡