お菓子を減らすコツ。その②

お菓子を減らすコツ。その②

前回に続き甘いお菓子を減らすコツをご紹介します。

4)シナモンの香りで脳をごまかす
まるでスイーツを食べたような気分に
ケーキやドーナツなど、シナモンはスイーツに使われることが多いですよね。シナモンを香りを嗅いで、スイーツを食べたと自分の脳を勘違いさせてしまいましょう。

温めた方が香りが広がるので、無糖の紅茶やコーヒー、ホットミルクにひと振りしてみてください。オフィスにもシナモンの瓶を置いておけば、休憩時間にリラックスできますよ。
5)冷凍フルーツを間食に
自然な甘みを味わって
お菓子の量を減らすために、甘さを感じるものを一切口にしてはいけないわけではありません。自然な甘みがあるフルーツなら、間食として楽しんでもいいんです。

おすすめは市販の冷凍フルーツや、自分で凍らせたみかんやブドウ。買い置きができるので無理なく続けられる上に、アイスを食べたような気分になれます。
6)緊急時には、高カカオチョコレート
リッチな味わいを堪能して
少しずつ砂糖を減らすために頑張っていても、「どうしてもお菓子が食べたい!」と思うときもあるかもしれません。そんなときは、高カカオチョコレートを少しだけかじってみてください。

注意したいのは、砂糖たっぷりのミルクチョコではないこと。高カカオチョコレートはリッチな味わいで、少量で満足できますよ。
ストレスを溜めないように少しずつ♡
お菓子の量を減らす上で大切なのは、無理をしないこと。「今日からお菓子は厳禁!」と自分に言い聞かせたら、イライラしてストレスが溜まってしまいそうですよね。

まずは普段の食事や生活習慣を見直し、間食をフルーツなどヘルシー食材に置き換えてみましょう。昨日よりも今日の接種量が少しでも減っていれば、それで合格です♡