おデブを作る悪習慣を断ち切る

おデブを作る悪習慣を断ち切る

夏だしダイエットしたいな~って思っているのに、なぜか体重が増えちゃって「あれ? 太ったかも」なんてことありませんか? もしかしたらおデブになっちゃう夏の悪習慣のせいかもしれません。ボディラインが気になる季節なのに、ヤバってなりますよね!
さっそく、夏ゆえに「どんどん太っていく……」悪習慣をチェックしてみましょう!

◎スタミナのつもりで「炭水化物」中心の食事ばかり
「米食べなくちゃ、力がでないよね」とスタミナをつけるつもりでご飯・うどん・そば・パスタ・パンなどの炭水化物に偏った食事をしていませんか? また暑くて力がでない、食欲もでない……となると「簡単なそうめん、うどんだよね!」と炭水化物をチョイスしてしまう習慣もおデブまっしぐら。
一見ヘルシーそうに見えますが、もりそばやうどんには、各砂糖14個分ほどの糖質が含まれているといわれています。「大盛りでお願いします」なんてやっていたら、どんどん太ってしまいますよ!

◎冷たいアイスクリーム、かき氷などのスイーツラブ
甘いものが食べたくなったとき「ケーキよりアイスクリームの方がヘルシーだよね」と思うかもしれません。でもアイスだってしっかりカロリーはあります! かき氷だってシロップやミルクをたっぷりかけると500kcalは軽くこしちゃうのだとか。
毎日だってアイスが食べたいと思う季節ですが、甘い罠にかからないように注意したいですね。

◎フラペチーノ系の甘いドリンクでほっと一息
仕事中など疲れたとき「甘いドリンクで一息」する習慣を持っている女性は多いものですよね。とくに夏はフラペチーノ系のひんやり甘いドリンクに惹かれちゃう……でもそのカロリーを知っていますか!? なんと生クリームが乗っているフラペは600kcalあるものも! それって大盛り定食1人前くらいのカロリー。1食分のカロリーをドリンク1杯で補うことになります!
ときどき飲むくらいはいいけれど、ハマると危険ですよ。同じく炭酸飲料やジュースばかり好む人もおデブ傾向アリです!

◎冷房の効いた部屋でダラダラと1日過ごす
暑い、一歩も外に出たくない! って冷房がガンガンに効いた部屋で1日過ごしちゃう。夏の休日にありがちですが、そんな過ごし方は危険です。スマホ・テレビ・読書とかしながらゴロゴロ、好きなときに好きなだけ食べちゃう環境で過ごしていると……どんどん体重が増加しちゃいます。
暑すぎて出かけられない季節でも、夕方になって暑さが和らいだら散歩に出かける、屋内施設で遊ぶなど、できるだけ体を動かすようにしたいものです。

◎冷たい飲みもの、食べものしかとりたくない
朝から冷えたお茶やジュース、お昼も冷やし中華やそうめん、夜もサラダなどの生野菜で……。夏は冷たい飲みものや食べものばかりに目がいってしまうものですが、冷え冷えの食生活を続けていると、胃腸や内臓が冷えて消化力ダウン、新陳代謝もダウンして、脂肪が燃焼しにくい、太りやすい体をつくってしまいます。
温かいものもバランスよくとって、内臓を冷やしすぎないように心がけましょう!
夏にやってしまいがちなおデブ習慣。あてはまるものはありましたか? ボディラインが気になる季節だからこそ、悪習慣を断ち切って理想の体型に近づけたらいいですよね!