いい女は言葉遣いから

いい女は言葉遣いから

見た目はとっても綺麗なのに、汚い言葉遣いにがっかりしてしまう人たまにいますよね。 もしかしたら、自分も誰かをがっかりさせているかもしれません。そんながっかりを回避させてくてる美しい言葉遣いを少しだけ意識してみませんか?
モテない理由は言葉遣いかも?
とても綺麗なのにモテない人いますよね。もしかしたらその理由は”言葉遣い”にあるかもしれません。早速、使いがちな5つのNGフレーズをチェックして内面から美しい女性を目指してみませんか?

使いがちな5つのNGフレーズ
NGフレーズ1「うまい」
美味しい食べ物や飲み物を飲んだ時「うまっ」と言っていませんか?幸せそうな顔で食べてるあなたはとても素敵なのに、その一言で台無し!一気におブスになってしまいます。

「うまい」を「美味しい」に変えてみましょう。そう言って食べるあなたの方がきっと魅力的な女性に見えるはずです。
NGフレーズ2「マジ」
マジを使ってしまう人はきっと多いですよね。「マジありがとう」や「マジごめん」などなど。マジを別の言葉にするだけで女性らしさがアップするんです。

「マジ」を「本当」や「とっても」に変えて下さい。「マジありがとう」よりも「本当にありがとう」の方が女性らしくて、また何かしてあげたいな、と男性も思ってくれはずです♡
NGフレーズ3「ヤバイ」
綺麗なものや感動的なものに対してなんでも「ヤバーイ」と言っていませんか?確かに、様々なシーンで使えるフレーズではありますが、全てに「ヤバい」と言っていたらボキャブラリーがないと思われてしまいます。

「ヤバい」ではなく「美味しい」や「素敵」など変えれる部分はちゃんとした言葉に変換しましょう。
NGフレーズ5「〜ヤツ」
「そこにあるヤツとってくれる?」など無意識に人や物にヤツという言葉を使ってしまい

使ってしまいますが、どこか可愛らしさに欠けて聞こえてしまいます。

そんな時はなるべく「〜ヤツ」ではなく「そこにあるコップ取ってもらえる?」など具体的な名前に変換した方が断然良いですよね♡
NGフレーズ6「ウケる」
面白い時や会話の合図のような感覚で使いがちな「ウケる」という言葉遣いは、なんだかギャルっぽい印象やチャラそうな印象を与えてしまうそうです。

「ウケる」」を「面白い」と正しい言葉遣いに変えるだけでなんだか好印象ですよね。ちょっとしたことですが、そのちょっとしたことが素敵なモテる女性は違うんです。
綺麗な言葉遣いで素敵な毎日を
言葉遣いは日常から気を付けておかないと、自然と出てしまうので普段から少しだけ意識してみて下さい。それがアナタを更に美しく、そして男女共にモテる女性に繋がる秘訣かもしれません♡